2021.11.13

ブログ

弁護士法違反で逮捕されたリフォーム会社について

火災保険の申請代行は弁護士資格が必要にもかかわらず、無資格で代行業務を行ったとして弁護士法違反容疑でリフォーム会社と不動産会社の社長らを逮捕。

逮捕された会社は火災保険の申請を“代行”

当社は火災保険の申請を“サポート”

「代行」と「サポート」似ているようで意味が全く変わってきます。

お客様の申請を代行することは弁護士法違反ですが、あくまでお客様の申請をサポートすることは違法行為にはなりません。

実際にお客様が保険会社に申請する旨を伝えた場合、保険会社から工事業者で見積りを取るよう促されるように、

当社が調査から見積書などの書類を作成することはもちろん、お客様が保険金を受け取られるところまでサポートすることは違法行為にはなりません。

当社は法令順守を徹底しております。

今後も多くのお客様に安心してご利用いただけると幸いです。

このたび弁護士法違反で逮捕されたリフォーム会社には業界イメージに悪影響を与えていること、何より犯罪行為を行っていた以上は、どのような処罰も真摯に受け止め、深く反省していただけること切に願っております。
SHARE
シェアする
[addtoany]

一覧へ戻る

TOP

無料調査依頼とご相談はこちら