2021.10.27

ブログ

新着情報

【棟板金の被害が雨漏りの二次被害へ?】



これまで当社で調査を行った中で、一番多い被害は屋根部分です。

屋根部分の被害には瓦の損傷や漆喰の損傷などもございますが、

中でも、一番多い損傷は「棟板金の損傷」になります。

目次

「棟板金(むねばんきん)」とは?

屋根の最上部に被せている金属の板になりまして、棟板金が雨漏りから建物を守っていると言っても過言ではないほど重要な役割を担っています。

<高確率>棟板金の被害が雨漏りへ

棟板金は屋根の最上部に位置することからも、台風や強風を受けて損傷することが多く、損傷内容としては、棟板金を止めているクギが浮いてしまうケースや棟板金自体が浮いてしまうケース、中には、棟板金自体が飛ばされてしまっているケースもよく目にします。

上記のような損傷内容がある場合、損傷によりできた隙間から雨水が室内へ侵入することで雨漏りになります。

これが雨漏りの原因になることが多いと言われる理由になります。

<注意>雨漏りによる二次被害

雨漏りによる二次被害として木造部分の腐食やシロアリの発生、カビの発生リスクなどが考えられます。

定期的なメンテナンスが重要

棟板金は屋根の最上部に位置することからも、お住いの方の目に入ることは難しく、雨漏りは発生してからの調査で棟板金の損傷が発見されることがほとんどです。

雨漏りになってから気付いた場合は、棟板金の修理だけではなく、雨漏りによる損傷も修理しなければいけないため、修理費用の負担が大きくなります。

雨漏りになる前に棟板金の修理をすることが望ましいため、定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

自然災害が原因による損傷があった場合は、火災保険の対象になりますので、是非当社の住宅無料調査をご利用ください。

【株式会社GLCのサービス内容】

当社ではお客様の状況に応じて対応できるよう2パターンのサービスをご用意しております。

【1】<保険申請サポートのみのご依頼>
お客様が保険金を受け取るところまでの徹底サポート

【2】<保険申請から修繕工事までの一括依頼>
保険金の受け取り後、修繕工事までの一括サポート

※保険金の受給額が決定してから<保険申請サポートのみ>または<修繕工事まで一括依頼>をお決めいただくことも可能です。

<宣誓>
「当社は修繕工事を強引に勧めるような悪質な行為は一切行っておりません」
「当社の全てのサービスは保険金が受け取れなかった場合に費用は一切かかりません」

当社の過去実績からの統計で築10年以上の建物で調査を実施した全体の90%が平均127万円の保険金受給に成功しております。

プロの調査員(有資格者在籍)による特殊器具やドローンなどを用いた徹底調査で申請漏れゼロの満額受け取りをお届けします!

スタッフ一同、
無料調査のご依頼を心よりお待ちしております。

SHARE
シェアする
[addtoany]

一覧へ戻る

TOP

無料調査依頼とご相談はこちら