2021.07.21

ブログ

新着情報

『この損傷は火災保険の対象なのかな?』

目次

【各自然災害の対象となる申請箇所を紹介】

火災保険とは、火災だけではなく、さまざまな自然災害に対応しており、基本的に火災以外の風災・雪災・雹(ひょう)災についても補償してもらえます。

<風災>

強風、突風、春一番、台風、旋風などの強い風による災害のことを指します。

風災の判断基準は最大瞬間風速が秒速20m以上であること。

風災で多い損傷は、棟板金の浮き、瓦のズレや割れ、漆喰の崩れなど屋根の損傷が多い。その他にはフェンスの傾きや窓ガラスが割れなども火災保険の対象になります。

<雪災、雹災>

雪が積もることで受ける損傷が対象になります。

雪の重みによる雨樋の歪み、雪止めの変形や外れ、カーポートの歪みや抜けなどが多く、雪が積もることで受けた損傷が火災保険の対象になります。

<水災>

一般的に多いのは大雨や大雪による雨漏りです。

屋根から室内の壁まで、広範囲の修理・補修が必要になるケースが多く、雨漏り自体は水災補償の対象にはなっていません。


対象となる雨漏りは、台風などの風災が原因で、雨漏りしたというような場合です。

風災や雪災などの自然災害による雨漏りの場合は、火災保険で補償できる可能性があります。

洪水や土砂災害などの水災については、任意で決めることが可能です。

床上浸水も保険対象ではありますが、床上45cm以上の浸水に限られています。


特に屋根部分の損傷についてはご自身で調査することは難しいところでもありますので、是非当社の無料調査をご利用ください。

【株式会社GLCのサービス内容】

当社ではお客様の状況に応じて対応できるよう2パターンのサービスをご用意しております。

【1】<保険申請サポートのみのご依頼>
お客様が保険金を受け取るところまでの徹底サポート

【2】<保険申請から修繕工事までの一括依頼>
保険金の受け取り後、修繕工事までの一括サポート

※保険金の受給額が決定してから<保険申請サポートのみ>または<修繕工事まで一括依頼>をお決めいただくことも可能です。

<宣誓>
「当社は修繕工事を強引に勧めるような悪質な行為は一切行っておりません」
「当社の全てのサービスは保険金が受け取れなかった場合に費用は一切かかりません」

当社の過去実績からの統計で築10年以上の建物で調査を実施した全体の90%が平均127万円の保険金受給に成功しております。

プロの調査員(有資格者在籍)による特殊器具やドローンなどを用いた徹底調査で申請漏れゼロの満額受け取りをお届けします!

スタッフ一同、
無料調査のご依頼を心よりお待ちしております。

SHARE
シェアする
[addtoany]

一覧へ戻る

TOP

無料調査依頼とご相談はこちら